創造力を養うヨガセラピスト〜Mika「旅」「人」「本」のブログ

創造力を養うヨガセラピストによる自由気ままなブログ「旅」「人」「本」について

インドの避暑地、リシケシの滝壺「Neer Water Fall」で水遊び


夏のインドはあちいよ!!!どっか涼める所はないの??

 

ということでガンジス川の上流、滝壺に行くことを決意。

 

前回のヴァシスタの洞窟と同じ様に、

またまたスタッフのYogaにワガママを言い足がない私はバイクで連れていってもらうことに。

(詳細は前回の記事をご覧下さい)

  ↓

www.creativity-by-mika.com

 

 

川遊びがしたい方

暑くて死にそうな方

綺麗なガンジス川で沐浴したい方

 

リシケシの現地民に

 

「Neer Water Fall 行きたいんだけど」

 

と言えば伝わると思います。(多分)

 

 

 

日本にもある山同じ感じで落ち着く・・・

 

町からバイクで大体40分くらいで到着しました。

 

f:id:mikachi_n:20200401160124j:plain

 

キャンプやってる人もいました。

 

やっぱり自然はどこの国でも自然だな。 

 

リシケシは山と川がある町なので、

インドの中でもキャンプ場としてシーズン中は使われる人も多いそうです。

 

日本の関東でも、栃木の那須や静岡の伊豆、千葉、

その他もろもろ山でのキャンプ場は人気ですよね。

 

 

滝壺ではしゃぐインド人たち

 

f:id:mikachi_n:20200401160811j:plain

 

f:id:mikachi_n:20200401161053j:plain

 

大人から子供まで、みんなすごく笑顔で楽しんでいます。

 

大人の男性でも、子供顔負けのテンションではしゃいでいます。

 

そんな中にジャバジャバ川に入る私は当然、絡まれます。

 

そして、一緒に遊びます。

 

それがインド人のいい所。笑

 

f:id:mikachi_n:20200401161336j:plain

 

f:id:mikachi_n:20200401163814j:plain

 

川の水はもちろん、山から湧き出たばかりなのでとても綺麗です。

 

バラナシの下流では汚くて沐浴しなかった私ですが、

ここにきてちゃっかりガンジス川で沐浴できて、大満足!!!

 

 

Neer Water Fallの場所はこちら

 

 

Yoga、連れていってくれてありがとう!!!

 

 

夜はお別れパーティー

 

この日の夜は滞在最終日だったので、

他のインド人スタッフがパーティーを開いてくれました。

 

カレーを作ってくれるとのことで、ちょっとだけ自分の分もお金を払い、

一緒にお酒とラム肉を買い出しにまたバイクで連れていってもらいます。

 

f:id:mikachi_n:20200401161848j:plain

インドのウイスキー

 

インドでは、日本の様に外で大っぴらにお酒を飲むことはタブーみたい・・

酒屋も、なんか柵があるところでコッソリと売っているようなところでした。

 

夜にたくさんバイクが停まっているところで、しかもインド人(男ばっか)

 

「ここで待ってて」

 

と言われてウイスキーを買ってくるのを待っていました。

(めっちゃジロジロ見られる笑)

 

ゲストハウスのスタッフは全員がお酒を飲まないので、

つまみながらインドと日本の生活の話、政治の話、結婚の制度の話、

宗教の話、スタッフの育った環境の話をたくさんしました。

(英語ろくに話せないのに、なぜかなんて言ってるか分かるw)

 

やはり、広大な国インド。

もともと違う文化や人種の人々が集められている国は、

日常はカオスなようです。

 

日本語のように、国内では母国が通じるとは限らないので

ヒンドゥー語でも通じない人もいるので、英語で意思疎通を図る、みたいな。

 

カースト制こそは撤廃されていますが、異なる宗教や育ちの違いはまだまだあるようで。

 

そんなインドも、近代は大きく変わってきているようです。

 

それでも人や自然、動物に対する優しさを持つ人が多くいるインド人

自己中がベースだけど無邪気なインド人

「人の目を気にする」という概念がほぼないインド人

 

そんなインド人の人々と触れ合う時間はとても貴重で楽しい時間でした!

 

ゲストハウスのスタッフとは電話したりチャットしたり、

日本に帰ってからも友達です☆

 

 

これにてリシケシ編終了!!1

 

濃い5日間だった・・・。

 

 

次の目的地が最後です。

 

インドの首都、「ニューデリー」へ。

 

続きます!!

 

 

 

【読者になるボタン設置しました!ポチッとどうぞ☆】

 ↓

 

より専門的な記事についてはこちらの創造力を養うヨガセラピスト🌺Mika|noteにてご覧ください。

ただヨガをアーサナ(ポーズ)を行うだけのエクササイズ的なものとしてではなく

古くから存在する「ヨガ哲学」による考え方、そして現代の科学的根拠に基づいた「脳科学」や「心理学」

そして、その他コーチングやマインドフルネス、認知行動療法、これらの技法による日常生活に取り入れられる具体的な行動のヒントを提供しています。

note.com

 

リシケシ編最終日前半〜静かに瞑想できる「ヴァシシュタの洞窟」に行ってきた

あれよあれよという間に東京生活も残り1週間・・・。

 

東京もずっと住んでると人の多さやネオンの光、その他雑多なエネルギーにより疲れますが、娯楽から美味しい食べ物、人との触れ合い、整ったインフラなど何でも揃っているのはやはりいい事ですよね・・

 

コンビニが同じ通りに2件も3件も並んでるって、実際すごいよな・・。

 

という事で長かったリシケシも最終章です。

 

たかが5日間、されど5日間。

 

朝は様々なヨガアシュラムにドロップインしつつ、最後の日中の活動場所で選ばれたのはこの2つ

 

「ヴァシシュタの洞窟」

「Neer Water Fall」

 

要約すると、

 

「静かに瞑想できる洞窟」

「綺麗なガンジス川上流で川遊びできる滝壺」

 

です。

 

それではレポートしていきます〜!

 

 

謎が謎を呼ぶ「ヴァシシュタの洞窟」

f:id:mikachi_n:20200222124242j:plain

 

早朝AM7:00にゲストハウスのスタッフ(名前は何とYoga「ヨガ」)出発すると前日約束をして、スクーターでGo!!

 


ガンジス川を横目に、山道をバイクでどんどん進んでいきます。

早朝の山道は空気が澄んでいて清々しい。そして涼しい。

 

さて、私が本日向かっているのはココ

www.tripadvisor.jp


 

瞑想するための洞窟、「ヴァシスタの洞窟(Vashishtha Gufa)」です。

Google Map上では、場所はこの辺

 

 

 地図をもう少し引きで見ると分かりやすいのですが、山の中を流れるガンジス川沿いに道路が敷かれているようです。

 

しかし、その地面はかなり凸凹・・・

 

f:id:mikachi_n:20200222124454j:plain

道悪すぎでしょ・・笑

 

f:id:mikachi_n:20200222124933j:plain

 

原付バイクを運転する資格はあるもののバイク慣れしていない私はすごく怖いので、前に乗っているYogaの背中にカップルのようにしがみ付きます。
(Yogaはこの後もちょいちょい登場します)

 

インドでは何回かこうしてバイクで2ケツ(原付ね!)する機会があったのですが、みなさん牛がのっそりと歩いていようと(道を塞いでいようと)犬が走り回っていようと、リキシャーがガンガンとクラクションを鳴る中であろうと、上手にかわしながら運転しています。

 

日本の道路の渋滞なんて比じゃないくらいデンジャラスです笑

 

この日なんて、山道の道路整備中のクレーンカーが石やら土やらを運んでいる作業中に出くわしましたからね・・

 

「今ちょっと石どかすから待ってて」

 

みたいなw

 

いや普通に怖いわ!

 

交通整理がなっていないので、もちろん事故も多いようです・・

 

その分、信号などを当てにせず、自分の目で見て安全を確認をしながら運転しているイメージ。なので集中力がすごいです(笑)

 

そんな中、1時間ほど山道を走ったら到着。

 

f:id:mikachi_n:20200222130251j:plain

ヴァシスタの洞窟、入り口の目印

 

そのままここを降りていきます。

 

f:id:mikachi_n:20200225141055j:plain

Yogaの背中〜Part2

5分ほど降りていくと、到着です。

 

f:id:mikachi_n:20200225141254j:plain

ヴァシスタの洞窟

f:id:mikachi_n:20200225141337j:plain

すごい自然のパワー

f:id:mikachi_n:20200225141411j:plain

脇にはガンジス川

ヴァシスタの洞窟入る前に

 

私「わーい川だ〜〜!!\(^o^)/」

 

と川の方に向かったら、Yogaに

 

Yoga「川は後で行くから先に洞窟!!」

 

と引き戻されました。(保護者w)

 

という事で、いざ入ります。

ここから先は、撮影禁止です

 

f:id:mikachi_n:20200225141628j:plain

ヴァシスタの洞窟入り口

f:id:mikachi_n:20200225142551j:plain

瞑想の心得・・?のようなもの


簡単に訳してみました。(ちょっと分かりやすくするため直訳ではないです)

 

(左側)

あなたにとって他人の幸せを幸せと感じ、悲惨な出来事を悲惨に感じることを自然なことにしていきましょう。

間違いなく、あなたたは世俗的なだけではなく、精神的な高揚感を得るでしょう。心が最も純粋になり、拡大するでしょう。ブレマ(愛)をあなたの自然な素質にしましょう。主は愛の化身であるプレマスワルパです。神の特質はあなたの中でますます輝きます。

それは間違いありません。幸運をあなたに!

 

(右側)

幸せがいつ得られるか知っていますか?

私たちは美味しい食べ物を食べ、施律的な歌を聞き、魅力的なダンスを楽しみます。そのような場合、心は静かになります。

幸福は静けさの中にあります。

そして、その静けさは何処にあるのでしょうか?

それは私たち自身の心の中にあります。

心が落ち着くと、太陽のイメージが澄んだ水に完全に反映され、その幸福は心にも反映されます。

 

ヨガでいう瞑想や悟りの意味、そのイメージが書かれているようです。

神様の名前も出てきているので私には分からない言葉もありますが・・。

 

ということで行ってきま〜〜す!!

 

 

 

 

 

 

〜約1時間後

 

 

 ヴァシシュタの洞窟で瞑想した感想

 

Yogaと一緒に中に入ると、先に男性がいらして瞑想していました。

 

中は真っ暗ですが、ロウソクが設置されていて足元は見える程度。

思ったより狭くて、3~4人くらいしか入らないくらいじゃないかなー。

 

山の中にある自然の洞窟ですので、都内で建物の中に一人でいる時の静けさとはまた違う静けさ。本物の静けさを感じました。

 

中はひんやりしていて、無風。

 

ありがたいことに座布団のようなものは敷かれていますので、その上に座ってしばらく瞑想。

 

その時の記憶はちょっとまばらですが、不思議だな〜と思ったことが1つありました。

 

頭空っぽにしてジーーっと瞑想してた中で、誰かから白い何か?を手渡しでもらうイメージがどこ


かのタイミングでポン!と浮かんだことは今でも覚えています。

 

気がすむまで洞窟の中にいて、やっとこさ終了。

 

f:id:mikachi_n:20200225150727j:plain

ガンジス川で電話するYoga〜Part3

 

 

インド人ってみんな電話大好きなんですかねえ・・

 

 

という事で、午前はこれで一旦宿に戻ることに。

 

 

次回、 楽しみにしていた滝壺に行った時のお話をします!

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

より専門的な記事についてはこちらの創造力を養うヨガセラピスト🌺Mika|noteにてご覧ください。

ただヨガをアーサナ(ポーズ)を行うだけのエクササイズ的なものとしてではなく

古くから存在する「ヨガ哲学」による考え方、そして現代の科学的根拠に基づいた「脳科学」や「心理学」

そして、その他コーチングやマインドフルネス、認知行動療法、これらの技法による日常生活に取り入れられる具体的な行動のヒントを提供しています。

note.com

 

【読者になるボタン設置しました!ポチッとどうぞ☆】

 ↓

 

   

リシケシ編⑤世界三大伝統医学、アーユルヴェーダでドーシャ診断を受けた話

</p

こんにちは。

 

世間はバレンタインを控え、ソワソワ浮き足立っている方々を多く見かけます。

 

私自身もシェアハウスに住んでいるのですが、シェアメイトもクッキーを作るとか、プレゼントがどうのこうのという話題が飛び交っています^^

 

こういうイベントをきっかけに、日頃の感謝や大切な人へ気持ちを伝えるのはとても素晴らしいことですね〜〜☆

 

ということで、リシケシ編の続きです。

 

 

リシケシで信頼できるアーユルヴェーダの先生は誰ですか??

f:id:mikachi_n:20200211160712j:plain

 

「インド行ったら絶対にアーユルベーダ診断してもらおう!!」

 

と決めていた私は、ここリシケシで探すことに。

 

アーユルヴェーダとひと口に言っても、

 

・ドーシャ診断をしてもらう

・バンチャカルマでデトックスプログラムに参加する

・究極の脳内マッサージと言われる「シロダーラ」をしてもらう

 

何を目的に行くかで使う金額や行くクリニックが異なります。

 

そもそもアーユルヴェーダって何・・??

 

アーユルヴェーダ: आयुर्वेद、ラテン翻字:Āyurveda)はインド大陸の伝統的医学である。ユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)、中国医学と共に世界三大伝統医学のひとつであり、相互に影響し合って発展した。トリ・ドーシャと呼ばれる3つの要素(体液、病素)のバランスが崩れると病気になると考えられており、これがアーユルヴェーダの根本理論である。

   アーユルヴェーダ - Wikipedia

 

こちらはWikiさんから引用させていただきました。

私が感じているアーユルヴェーダというものは、

 

「病原菌やウイルスのせいで病気になるだけではない。その人それぞれの持つ体質や体、生活習慣、食べるもの、生き方などのバランスが崩れることでも病気にかかってしまう。」

 

なんて捉えています。

確かに、特にこれといった病気ではなくてもストレスや疲れで「何となく」調子が悪い時や、それこそ鬱病などのメンタル系も目には見えないですが、明らかに心身の健康を害しています。

 

そんな現代の日本の病院やクリニックで多くの人がパッと思い浮かぶのは、恐らく

 

「西洋医学」

 

だと思われます。

 

・風邪ひいたから病院行こう

・体のここが最近おかしいから、検査しに行こう

・予防接種をしに病院行こう

・薬なくなったから処方してもらいに行こう

 

大体皆さんが「病院行く」ざっとこんなイメージですよね。

 

私も医療関係者でないので専門的なことは書けないのですが

 

西洋医学

 

「病気になってしまったから、どこが悪いか調べて(検査)治すために治療しましょう」

 

というスタイル。

 

東洋医学

 

「健康は体の資本ですよね。その健康を維持するために、自分の体質に合った日々の生活習慣や食べるもので予防を心がけ、生き方から健やかな体つくりをしましょう」

 

というスタイル。

 

どちらもゴールは「健康的な体」に向かっていますが、アプローチが違うだけです。

 

どちらが良いとかダメというわけではないですが、治療を受ける側の私たちからすると

 

「どちらも必要なのでは・・?」

 

と思いますよね。

 

ただ、調べてみるとどうやら政治や経済やお金儲けのためにその本質からずれてしまっている現代の医学・・

 

この話になると話が脱線してしまうのでここまでにしますが、間違った情報を鵜呑みにしないよう、個人個人でぜひ調べてみてください。

 

私自身も、このブログやその他SNS上で情報は発信し続けていきます。

 

ということで、そんな東洋医学の1つであるアーユルヴェーダの入り口に触れるべく、どこのクリニックに行こうかな〜〜と地元の人達に聞き込みながらリサーチしました☆

 

 

ARORA CLINICの先生が結構有名らしい・・・

 

あちこちのレストランやカフェ、宿泊先のインド人スタッフに聞き込みをすると、ちょくちょくこの「ARORA CLINIC(アローラ クリニック)」がどうやらこのリシケシのラクシュマンジュラあたりでは有名みたいです。

 

私自身、リシケシは5日間の滞在だったのでバンチャカルマのプログラムに参加して長期的にやるのはできないので、

 

「まあドーシャ診断はマストでしてもらって、マッサージはできればでいいかな〜〜」

 

というつもりで行ってみました。

 

ここが噂のアローラクリニック

f:id:mikachi_n:20200211164836j:plain

ARORA CLINIC

場所のリンクも貼っておきます〜〜

www.google.com

 

どうやら「アローラ通り」という道路沿いにあるようで、その通りにはオーガニック食品が売っているショップやレストランなども並んでいます。

 

f:id:mikachi_n:20200211165235j:plain

f:id:mikachi_n:20200211165246j:plain



ちょっとドキドキしながらクリニックに入ってみると・・・

 

先生「ニコッ」

 

私「ナマステ〜・・(ニコッ)」

 

優しそうな赤髪のw男性ドクターがいらっしゃいました。

 

f:id:mikachi_n:20200212185056j:plain

ドーシャ診断後に撮らせていただきました。

 

 

早速診断開始〜〜

 

(※全部英語ですが、日本語になってます)

 

 

先生「今何歳かな?」

 

私「今年で26歳になります」

 

先生「そうかい。では脈を見るから手首かしてね〜」

 

指で脈をはかられます。

 

先生「うーん、君はとてもクリエイティブ(創造的)で・・そうだなあ、エモーショナル(情緒的)な方なんだねえ。きっと気分の浮き沈みもあるんだろう。でもそれは悪いことではなくて、エモーショナルだからこそ人の感情を動かすものを創り出せるからね。

基本の体質はカパ(水)だけど、ヴァータ(風)も入ってて混合気質。カパは水だから本来そんな動かないんだけど、このヴァータの風の影響で水面が揺れるように体調や気分にムラが出るんだね。今もちょっとヴァータが強く出ているから、体調には気をつけてね。」

 

体質だけでなく、なんか性格まで言い当てられてびっくり(笑)

しかもそんなたくさん会話したわけでもなく、私も落ち着いて接していたはずなのにw何で脈はかられただけで何でそこまで分かるの〜〜〜

 

私「はあ・・。ちなみに、気をつけるというと具体的にどんなことに気を付ければ良いのでしょうか?例えば食べ物とか・・・・」

 

先生「そうだねえ、基本的に寒いところは苦手でしょう?暖かい環境の方がいいんじゃないかな?ここインドだといい感じでしょ?hahaha〜〜 ほら、水って気温が下がると凍ってしまうでしょ?それと同じだよ。だから体はできるだけ冷やさないようにして・・食べ物も暖かいスープとか、あとスパイスは相性いいから摂って大丈夫だよ。」

 

私「寒いとこ苦手です〜〜。スパイスも辛いもの好きだから良かった!」

 

先生「自分の体に合う食べ物や環境は、自分でもよく知っているはずだから、体の声に耳をすませるんだよ〜。あと、感情が揺れ動きすぎると大変だから、リラックスリラックスね!!」

 

私「先生ありがとうございます!」

 

こんな感じで最後にアーユルヴェーダの薬?を処方してもらって終わりました。

 

診断と込み込みで払ったのは2000ルピーくらいだったかなあ・・

ちょっと記憶曖昧ですごめんなさい!

 

f:id:mikachi_n:20200212184122j:plain



ちなみにこの後、たまたま訪れたインド在住の日本人女性とお会いしました。

 

どうやらリシケシでバンチャカルマのお仕事に携わっているようで・・。

 

パワフルで素敵な方でした☆

 

ドーシャ診断について引用リンクを貼りましたので、以下興味がある方はご覧ください!

 

 

ドーシャについて

 

ヴァータ|Vata

ヴァータは動かすエネルギーです。ヴァータは全ての生命現象の先導者で、動かす力をもっています。大まかに支配している体の場所は、上の図の通り、おへそより下、肛門より上です。その他の性質、対応する体の機能や部位、心の性質などは下記の詳細をご覧ください。

ヴァータの性質

ピッタ|Pitta

ピッタは変換のエネルギーです。消化や代謝といった、体内全ての変換に関わります。大まかに支配している体の場所は、上の図の通り、おへそより上、胸より下です。その他の性質、対応する体の機能や部位、心の性質などは下記の詳細をご覧ください。

ピッタの性質

カパ|Kapha

カパは組み立てるエネルギーです。体の構造を司り、外から体を守って安定させる働きがあります。大まかに支配している体の場所は、上の図の通り、胸より上です。その他の性質、対応する体の機能や部位、心の性質などは下記の詳細をご覧ください。

カパの性質

www.timeless-edition.com

 

 

 基本は、火(ピッタ)風(ヴァータ)水(カパ)の中で自分はどの体質に当てはまるかな?というものです。

 

人によって暑いところが苦手な人、寒いところが苦手な人、体質に合う合わない食べ物ってありますよね。

 

病気になってしまう前に、普段の生活の中で自分の体にとって一番リラックスできて、居心地よく過ごせる環境、食べ物を把握し、健康に気をつけながら過ごしたいものですね!

 

今度インド行くときは、もうちょっと踏み込んだアーユルベーダを受けてみたいものです。

 

それでは今日はこの辺で。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

【読者になるボタン設置しました!ポチッとどうぞ☆】

 ↓

 

リシケシ編④オーガニックスパイス店発見!&スパイス紹介

こんにちは。

 

東京での生活も残すところ1ヶ月となった今日この頃です。

 

最近、やっとこさ生活リズムというものが整ってきました。

それまでは本当にバタバタしていて、色々振り返ったりじっくり今後の展望を練る時間がなかなか取れなかったのですが・・・

 

ちょっと余裕が出てきたので、毎日ご機嫌に過ごしています♪

一時期は本当に忙しくて睡眠不足やストレスでお肌が荒れてしまったりしました。

 

健康は大切な自分の資源なので、意識して休む時間を作らないといけませんね!!!

 

とは言いつつ、周りの人から見たらいつもバタバタしているように見えるらしい笑

確かに、バタバタしながら色々やってるのがベースな人生。それが今の私らしくて、何だかんだ好きだったりします。笑

 

そして、1ヶ月後にはまた別の所へ移り住むという・・・(苦笑)

 

ブログ書くネタが尽きません。

 

ということで、リシケシ編の続きへ〜〜

 

 

本場のスパイスが売ってるお店はどこだ〜〜〜?!?!

 

f:id:mikachi_n:20200128142115j:plain

色とりどりのスパイス

 

心の中で叫んでいたら、見つかりました。

 

前回の記事で紹介した

 

「お土産とCafeが立ち並ぶ坂道ロード」(勝手に命名)

www.creativity-by-mika.com

 

の入り口辺りにあるお店です。

 

ごめんなさい名前は分からない!!

 

 

と思ったのですが、確かクレカを使ったので利用明細を遡って確認してみたら・・

 

分かりました!!

 

「Jain Spice Shop」

goo.gl

 

ここの店主、すごくいい方で・・・

YouTubeでスパイスを使った料理のレシピ動画を公開しているとかナントカ・・

 

その時、自分の携帯はネット繋がってなかったので検索できなかった(泣)

 

私がどのスパイス買って帰ればいいのか、

アレコレ口うるさく要求したり質問しつこくしても嫌な顔ひとつせず色々教えてくれました。

 

色々吟味した結果、購入したスパイスたち

f:id:mikachi_n:20200128143845j:plain

 

ルピーでいくらで買ったか忘れた・・・。

 

クレカの明細によると、日本円で3,779円だったのでレート代とか引いてざっと

2,500ルピーくらいだと思います。

 

ちなみに、これら大体100〜300gずつくらい入っていますが

 

激安です!!!

 

ざっと見た感じ、日本でオンラインショップ等で相場見ると300g買おうと思うと軽く1,000円は超えます。

50gで500円とかそんな世界です。

 

ひとつひとつの値段を正確には覚えていませんが、

セット割してもらったので(どこでも値切るw)合わせて間違いなく1キロ以上買ったスパイス達、ざっと概算してひとつ500円するかしないかです。

 

 

これだけは押さえとけ!!スパイス料理を作るなら・・

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

. 【豆とオクラとジャガイモカレー】 インドから日本帰国後、初手作りインド式カレー🍛❤️ . 【材料】 #じゃがいも #オクラ #ひよこ豆 #ひたし豆 #玉ねぎ ※豆類は5〜6時間くらいお湯か水に浸して戻しておく . ✔️スパイス系 #エライチ #クミン #ターメリック #チリパウダー #シナモンパウダー #ジンジャーパウダー #塩 #にんにく #しょうが . 【超ざっくりレシピ】 ①にんにく、しょうが刻んで炒める ②クミン入れて、刻んだ玉ねぎも入れてよく炒める ③シナモンパウダーとかジンジャーパウダー入れて、ジャガイモとオクラも入れて炒める ④水を入れ始める ⑤マサラスパイス入れ始める ★水の量とスパイスの量みながら炒める〜 . あとは適当に火を入れて、食物の火の通り具合みて完成🤗 . 結果、、 🔻 🔻 スパイス入れ過ぎて、美味しいけど辛かった😂 . #インドカレー #カレー #カレーレシピ #curry #スパイス #spice #手作りカレー #cooking #ベジタリアン料理 #ベジタリアン #ヨガ #ヨガジョ #ヨガインストラクター #ヨガご飯 #アーユルヴェーダ #ベジタリアンレシピ

ゆるベジ生活🧘‍♀️mikachin🌺(@ayurvedafood_mika)がシェアした投稿 -

 

私自身も勉強中のスパイス、アーユルヴェーダ料理ですが、とりあえず基本は押さえとけば何とかなる!!と思っています。

 

ほぼスパイスに対する知識ゼロな私が、店主にとにかく

 

「帰国してもマサラ(日本で言うインドカレー)作って食べたい!」

 

「インドカレー作るのに必要なスパイス教えて!!」

 

「これどうやって使うの???」

 

と聞きまくって入手し、現在も日常的に使っているスパイスを紹介

 

クミンシード

f:id:mikachi_n:20200128152731j:plain

クミン

カレーを作るには欠かせない歴史の深いスパイス。

「カレーのいい匂い」

の中心はこのクミン。

鍋に油を敷いて、ニンニクとか生姜と炒める段階で一緒に入れるやつ。

「エスニック料理」と言われるものにはほぼ使われていて

アフリカ、東南アジア、メキシコなどでも。肉料理にも合うので、西欧のソーセージやピクルス、チーズ、パンに使うことも。

 

 


 

カルダモン

f:id:mikachi_n:20200128152739j:plain

カルダモン

 少しスースーと清涼感のあるスパイス。

入れすぎ注意。

「カルダモンコーヒー」って聞いたことないですか?

洋菓子屋パンにも振りかけて使われることもある。

 


 

 

f:id:mikachi_n:20200128152737j:plain

クローブ

結構、薬味感の強いスパイス。

最初は慣れなくてちょっと苦手だった・・・

ピリッとスースー、甘いような苦いような?

濃厚なスパイスだな〜って印象。

シチューとかスープにも合うけど、こちらも入れすぎ注意!

肉の臭み取りになったり、昔は伝染病の原因が「悪臭」だったと思われていたので、予防でクローブの香りを纏う人も多かったらしい。


 



この3つはマスト!!

インドカレー以外にも使い回し利くからめっちゃ重宝します♪

 

 

チリ系と香りづけ系

 

f:id:mikachi_n:20200128155332j:plain

ターメリック

ターメリックって、「ウコン」なの知ってましたか?

ウコンの地下茎を乾燥した香辛料なんです。

体内の疲れやよくない作用を防止するための抗酸化作用があるスーパーフードだって最近人気らしいですね〜

ターメリックもコーヒーや料理の色付け香りづけ、いろんな使い方ができるから買って損なし。

 


 

シナモン

f:id:mikachi_n:20200128155912j:plain

シナモンパウダー

シナモンはかなり馴染み深いですよね!

本当に古くからあるスパイスらしく、エジブトのピラミッド作るときに防腐剤として使われていたという話もあります。

ビタミンB1とB2、カルシウム、マグネシウム、鉄、ナイアシン、カリウム、亜鉛、栄養価抜群です。

毛細血管の老化防止にもなるので、アンチエイジング効果もあるそうで。

 


 

 

ジンジャー

f:id:mikachi_n:20200128160439j:plain

ジンジャーパウダー

そのまんまですね!!生姜を乾燥させ、パウダーにしたものです。

生姜は日本でもかなりメジャーな健康食品ですが、こんなパウダーもあったりします。

ん〜〜まあまあ使いますが、割と生姜丸ごと買って刻んで入れたりするので、あったらいいけどなくても何とかなるスパイスかなあと・・・。

生姜を入れておらず、香りづけに使うならいいかも。

 


 

チリパウダー

f:id:mikachi_n:20200128160928j:plain

チリパウダー

見たまんまですね!!

辛さを加えるならこれで調整!!

唐辛子をベースに、ニンニクやクミン、オレガノ、パプリカなどのスパイスやハーブをミックスさせているスパイス。

辛さだけではなくて、甘みやコクも料理に出せます。

 


 

マサラスパイス

f:id:mikachi_n:20200128160803j:plain

マサラスパイス

これは、マサラ(カレー)を作るときに使うパウダー。

ベジマサラとなっているので、恐らくベジカレーに適しているのでしょう・・。

何が入っているかは不明・・

結構辛いので、入れすぎ注意!!

 

インド人が日常料理に使ってるマサラパウダー

 

日本のカレー作るとき、スーパーで売ってるルーみんな使うじゃないですか?

 

インドだとみんなどんなの使ってるんだろう・・・

 

ってことで、その辺の商店とかスーパーで買ったパウダーも、こちらで紹介しときます。

 

f:id:mikachi_n:20200128161726j:plain

ダルとマサラパウダー



f:id:mikachi_n:20200128161632j:plain

 

いずれも、こういうどこでも安く売ってるパウダーも買っときました。

安いですよ、20〜50ルピーくらいで買えます。
 


 

 

f:id:mikachi_n:20200128161658j:plain

道端にある個人商店

 いやあ〜〜、

日本で「スパイス」って聞くとまだ珍しいような印象を受けますが、ここインドではスパイスを料理で使うことが当たり前なんですよね。

 

私たち日本人が、当たり前のように味噌汁や納豆、白米、出汁を使った料理を好んで食べるような感覚と一緒なんだと思います。

 

どれも健康に良いものばかりで、サイコーです!!!

 

ということで、今回はお料理教室みたいになってしまいましたが、渡印する方はぜひスパイスお土産に買って見てくださいね〜〜☆

    

アーユルヴェーダクリニックに行った話は、次回です!!

 

【読者になるボタン設置しました!ポチッとどうぞ☆】

 ↓

 

リシケシ編③インドと欧米の文化がいい感じに入り混じってるリシュケシュ。町の雰囲気やお店紹介

 

あけましておめでとうございます。(遅)

 

2020年もあれよあれよと言う間に始まりましたね。

 

私ごとですが、今年の初詣は1/5に明治神宮にお参りしてきました。

 

f:id:mikachi_n:20200114171954j:plain

三が日を過ぎた明治神宮

5日は日曜日だったこともありますが、三が日過ぎてもこの人の多さ!!

年明け初日だとどんだけ混んでるんだ・・・。

 

参拝するまで、大体20〜30分くらい並びました。

 

大吉とか小吉とか書いてない、お告げ?のようなおみくじを引いてみたのですが・・・

 

f:id:mikachi_n:20200114172206j:plain

f:id:mikachi_n:20200114172223j:plain

おみくじ表

 

最後

 

「いつも落ち着いて、心は広く豊かに持ちましょう」

 

ちょっと笑ってしまいました(笑)

 

確かに普段落ち着きないことの方が多いので、思いがけないことが起きても落ち着いて行動したいと思います。

 

***********

☆そういえば、note始めました!

 

note.com

 

このブログでは、主に私の行動や経験から得たもの、主に

 

「人」「本」「旅」

 

について、情報提供やその時に感じたことをカジュアルに書いていくことを目的に書いています。

 


一方noteでは、より専門的な知識の提供をメインに書いています。

 

ただヨガをアーサナ(ポーズ)を行うだけのエクササイズ的なものとしてではなく

古くから存在する「ヨガ哲学」による考え方、そして現代の科学的根拠に基づいた「脳科学」や「心理学」

そして、その他コーチングやマインドフルネス、認知行動療法、これらの技法による日常生活にと取り入れられる具体的な行動のヒントを提供しています。

 

興味のある方でnoteアカウントをお持ちの方は、ぜひフォローしてください☆

 

と、同時にこちらで書いていた記事を何個かそっちに移しました。

 

まーどれも仕事の合間とかに、片手間でちょこちょこちまちま書いてるので、頻度は少なめ、超ゆる〜〜〜くマイペースに更新してくスタイルでやってます。

 

 

それでは前置きが長くなりましたが、リシケシ編の続きに入っていきましょう!!

 

もう、リシケシとか行ってたの5ヶ月前だよ!!

懐かしくて書いてて帰りたくなるわ!

 

ガンジス川と欧米の観光客と地元のインド人が行き交っているカオスな街

f:id:mikachi_n:20200118125241j:plain

 

f:id:mikachi_n:20200118124806j:plain

 

まさにリシケシはそんな感じです。

 

広大なガンジス川を中心に街があり、人が生活し、大自然の中にヨガ道場もあり、この環境を求めて訪れる観光客やヨギー・ヨギーニの寝泊まりする宿、レストラン、お土産屋が多く目に止まります。

 

インドだけど雰囲気はインドっぽくないですね〜。

 

レストランやカフェも欧米の観光客受けすように、雰囲気もオシャレだったり、チャイやカレーといったメニューはそのままに、プラスしてコーヒーやサンドイッチ、トーストのような食事も見られました。

 

今回はその中でも私が5日間街を散策して見つけたもの、お店について書いていきます。

 

 

 ほぼ毎日通ってたガンジス川の眺めがサイコーなカフェ

 

CAFE TAT

www.tripadvisor.jp

f:id:mikachi_n:20200118130920j:plain

CAFE TATの入り口

 

 

f:id:mikachi_n:20200118130526j:plain

中の様子

f:id:mikachi_n:20200118130537j:plain

 

テーブル席はなかった気がしますが、明るく綺麗でクッションやソファーがたくさん置いてあって居心地いいです。

 

ここは私がよく使っていたテラス席です。
 
扇風機がなく時間によっては日光が指すので、中より暑いですがガンジス川や山が一望できて、川の流れる音も聞こえ癒されます。
 
ここでチャイを飲んだり、暑いときはアイスコーヒーを飲みながら本を読んだり音楽を聞いたろ、ボーッと過ごしていました。
 
ちなみにアイスコーヒーは氷が入っててガムシロ入れたりミルク入れて飲むあのアイスコーヒーではなく、スタバのフラペチーノみたいなのが出てきます。
 
「凍らせたミルクと氷をミキサーとかでガシャガシャやって砂糖入れてコーヒーと混ぜて出す」
 
インド式のアイスコーヒーが出てきます笑
 
甘さは適当なのでたまにめっちゃ甘ったるいですが、結構美味いです。
涼みたい時はオススメ。
 
そんなに混雑することもなく、長居してても全然大丈夫な雰囲気。
 
他の観光客の方と仲良くなれたりもします。
 
みんな穏やかで良い方ばかりです☆
 

お隣はビートルズカフェ

 

Beatles Cafe

www.tripadvisor.jp

f:id:mikachi_n:20200118131804j:plain

ビートルズカフェ
中には入っていませんが、リシケシにはビートルズのホワイトアルバムを作成した時に滞在したアシュラムがあるので、こんなカフェもありました。
 
ビートルズ好きな方は是非☆
 
写真は撮り損ねましたが、
近くにも、「Shanti Cafe」というカフェがあり、そこはもう少しインド感もあってランチも美味しかったのでぜひお立ち寄りください。
 
近くまで行って場所が分からなかったら、お土産屋の人に聞けば教えてくれます。笑
 
 

ここの通りの名前が分からないけど・・・(笑)

 

f:id:mikachi_n:20200118132805j:plain

階段を上がりながらキョロキョロ

エイビーロード?とはまた名前違うのかなあ・・・

 

Google Map上には名前も道も出ていないんですよね〜〜。

 

 階段を上がりながらになるこの通り沿いには、たくさんのおみやげ屋やカフェがあります。

f:id:mikachi_n:20200118132816j:plain

お土産屋のおじさん、カメラ目線w

 

リシケシでは結構有名な場所なんじゃないかな〜〜〜
 
私としたことが、この通りの入り口あたりの写真は撮っていなくてですね・・・
 
近くに、このお寺(インドではアシュラムになるのか?)があったらそこが入り口近くです。

f:id:mikachi_n:20200119123133j:plain

Google Map上での大まかな位置

 

f:id:mikachi_n:20200118133554j:plain

 
 ラクシュマンジュラの橋に向かう道は車だとぐるっと下る形になります。(赤丸してるとこらへん)
そこの中にお店が立ち並んでいるという感じですね。
 
当然、道は急傾斜だから階段というわけです
 

f:id:mikachi_n:20200118133559j:plain

 
手持ちのiPhoneでささっと作っただけなので、汚いというか雑ww
 
性格出ますね笑
 
これだけ画像と地図があれば、まあ現地に行った時誰かに聞けばわかると思います(丸投げww)
 
 

 リキシャーも通れる道沿いにあるカフェとか

 

Honey Hut

f:id:mikachi_n:20200119123557j:plain

Honey Hut店内

f:id:mikachi_n:20200119123626j:plain



f:id:mikachi_n:20200119123643j:plain

チーズトーストとホットコーヒー

ここはエアコンが効いているカフェです。

 

値段は地域の相場と比べるとちょっとお高めですが、だいたい200ルピーくらいあればコーヒー飲めます。

 

この辺りはベジタリアンやヴィーガンの方にとって、美味しくてそんな高くないお店があって天国です。

 

 

 
エイビーロード?とはまた名前違うのかなあ・・・ Google Map上には名前も道も出ていないんですよね〜〜。 
 階段を上がりながらになるこの通り沿いには、たくさんのおみやげ屋やカフェがあります。


もちろんカレーも美味しい

f:id:mikachi_n:20200119124423j:plain

ベジカレー Thali

f:id:mikachi_n:20200119125634j:plain

 
150〜250ルピー(日本円で300〜500円)も出せば、ご飯大盛り本格インドカレーが食べられます。
 
お世辞ではなく、本当に美味しいです。
食品添加物や余計なものが入っていないので体にも良く、お肉が入ってなくてもこんなに満足する食事ってあるんだなって知りました。
 
東京でこれだけのインドカレー食べようと思うと、1000円はいきますね。
 
毎日カレー食べてました。
おかげで、食事がベジタリアン寄りになりました。
 
 
 そんな生活をインドで送っていたら、日本に帰ってもカレー食べたくなる予感しかしません。
 
そう感じた私は、このあと荷物増えるのにスパイス大量購入に走ります。
 
 
ということで次回は購入したスパイス店と商品の紹介と、
 
世界の古代3大医学、アーユルヴェーダのクリニックでドクターに診断してもらったエピソードについて書いていきます!!
 
 
いやー、リシケシ編も書いてみると毎日濃いな〜〜〜笑
 
乞うご期待!!
 
 

【読者になるボタン設置しました!ポチッとどうぞ☆】

 ↓

 
 

 

リシケシ編②ヨギーにとっては天国すぎるリシュケシュ。ヨガ道場やアシュラムについて

2019年も残りわずか、年末に近づいてきました。

 

1年、あっという間に過ぎますね〜〜。

 

人間1年も過ぎて振り返ると色々なことがありますよね。

 

私の場合、大きな出来事だけでもこんなにあってびっくりしました。

 

・引越し

・前の職場を退職

・東南アジアへバックパックの旅

・インドへヨガ留学→一人旅

 

これはなんというか体ごと?環境が変わったり、何かしら動いた変化だけでもこれだけありました。

 

それ以外にも良いこと悪いこと含め、細かい出来事がたくさん・・・(笑)

 

昨日、使い分け用に「Mikachin|note」(まだ何も書いてないw)アカウント作ったから、備忘録みたいな感じでそっちに書いてみようかな。

 

ということで、インド一人旅のリシケシ編続き。

 

自然豊かでカフェやヨガ道場クラス、オーガニックショップだらけなリシケシ

f:id:mikachi_n:20191219164705j:plain

リシケシのカフェ

 

ひとことで言うと、

 

 

 

「ヨギー(ヨギーニ)」にとって天国〜〜〜〜〜!!!

 

 

な町です。

 

どおりで世界各地から多くのヨギーが訪れるわけです。

 

町を歩いていると見かける風景が

 

  • ヨガ道場
  • ヒンドゥー教寺院
  • カフェ
  • お土産屋
  • ゲストハウス、ホテル
  • 牛・野犬(どこに行ってもいるw)

 

これらに加えてガンジス川の上流を中心に、豊かな自然に囲まれた町というイメージです。

 

モノの揃い具合で言うともちろん都会より少ないですが、こんなに便利な上に自然とも共存しているので、私は本当に居心地がよかったです。

 

☆リシケシのざっくりこれだけ覚えとけ地図

f:id:mikachi_n:20191219172146j:plain

リシケシの「ラムジュラ」と「ラクシュマンジュラ 」地域

 リシケシ付近には、ガンジス川に2本の橋がかかっています。

 

その橋を起点として、住居やホテル、ヨガ道場やその他お店などが広がっているイメージです。

 

ラムジュラはビートルズがアルバム制作で滞在した「ビートルズ・アシュラム」に近いエリアです。

 

www.tripadvisor.jp

 

ちなみに私は近くまで行きましたが、中には入っていないです。

今は600ルピー(1500円)払わないと中に入れないので、そこまでしていいかな・・・という感じでした。

 

ラクシュマンジュラは、ヨガ道場やカフェも多いエリアです。

これから載せていく写真やブログでは、主にこっちのラクシュマンジュラ付近になります。

 

ヨガ道場ってどんな感じ?

 

予約が必要なヨガ道場もありますが、当日ドロップイン可能なレッスンも受けられます。

その道場によりけりですが、大体の金額の相場は

 

200〜600ルピー(日本円で400〜1500円)

 

時間帯は午前、午後と分かれていることが多く、

 

・瞑想(Maditation)

・呼吸法(Pranayama)

・ヨガクラス(例:ハタヨガ、ビギナーヨガ、アシュタンガヨガ)

 

のように、ヨガの中でも段階やカテゴリーごとに時間が分かれているものが多かったです。

 

f:id:mikachi_n:20191219170017j:plain

f:id:mikachi_n:20191219170021j:plain


 

 

f:id:mikachi_n:20191219170106j:plain

 

f:id:mikachi_n:20191219170146j:plain

 

基本、早朝に瞑想を行い、呼吸法、アーサナクラスといった流れのところがほとんどですね。

 

日曜日はお休みな所もありますが、クラスを行っている所もありました。

 

f:id:mikachi_n:20191219170422j:plain

ヨガ道場敷地内

f:id:mikachi_n:20191219170451j:plain

 

私は全てドロップインでの参加でしたが、長期でリシケシに滞在する方、RYT200などヨガインストラクター育成スクールをやっている団体やアシュラムもたくさんあります。

 

パッと見た感じだと、アジア系の方は少なく欧米系の旅行者やヨギーが多かったので、英語でレッスンはやっていました。

 

私もそんなに英語は精通していませんが

 

inhale(インヘール 吸って)

exlale(エクセール 吐いて)

 

あとはまあ「Legs」や「Hands」やらの単語が聞き取れればそんなに困ることはないので、安心してレッスン受けてください(笑)

 

本場の地だけあって、流派や先生方によって雰囲気も受けた時の印象も全く異なります。

 

ヨガの本場インドにて熟練した、様々な先生方のヨガクラスを受けられます☆

 

ヨガの座学だけでは学べないを求めている方や、様々なクラスのヨガを受けてみたい方にとっては、こうしてドロップインで受けてみ流のはとてもいい環境だと思います。


 

ただ正直、今回は5日間だけだったので物足りない感じではありました・・・。

 

また行って、じっくりヨガを深めたいなあという思いが残りました。

 

オススメのアシュラムを探していた時に見かけたブログのリンク貼っておくので、ご参考までに。

 

monro187.com

 

ko-terapay.com

 

 次回、リシケシで巡ったカフェや食事などの記事を書いて行きます。

 

それでは今日はここまで。

 

【読者になるボタン設置しました!ポチッとどうぞ☆】

 ↓

 

リシケシ編①静かで美しい山と川に囲まれた、ヨガの聖地「リシュケシュ」へ〜

こんにちは。

 

12月になりクリスマスも近づいてきて、東京もイルミネーションやらクリスマスソングやらでキラキラしてきました。

 

日本人で本当のクリスチャンな人ってごくごく少数だと思うのですが、クリスマスだからとりあえず乗っとけみたいな風潮、本当に不思議ですよね。

 

正直クリスマスに対してまっったく興味はないので、とにかく寒いのなんとかならないかな・・・(ならない)と思いながら日々過ごしています。

 

空気も乾燥していて干からびそうです(笑)

 

ただ、日本の冬は晴れの日は空気が澄んで気持ち良いのが個人的には好きです。

 

ということで、インドひとり旅の記憶を辿っていこうと思います。

リシケシ(リシュケシュ)は旅の中でも特に思い出深く、大好きな場所でもあります。

 

5日間という滞在期間でしたが、非常に濃く今でもちょくちょく連絡をとる友達ができた場所でもあります。

 

それではいきましょう〜〜〜

 

 

インドで夜間はひとりでうろつかないって決めてたけど・・・

 

デリーで半日過ごし、次に向かうのはヨガの聖地

 

「リシュケシュ(Rishikesh)」

 

半日ステイしていた日本人宿、サンタナデリーを出たのは夜の21時頃でした。

 

デリーの道沿いでオートリキシャーを拾います。

 

オールドデリー駅(記載はDELHI)へ向かうのに、何キロくらいかは忘れましたが40分くらいかかったので4〜5キロはあったんじゃないかな・・・。

150ルピーくらいで交渉して連れて行ってもらいました。

 

道路くらいし、牛は歩いてるし、道で人は寝てるし・・・

 

夜のインドもカオス過ぎる・・・。

 

f:id:mikachi_n:20191204145402j:plain

DELHI駅(オールドデリー駅)

 

着いた。

 

夜の駅は照明でやたら豪華な感じです。

 

中に入ってみる。

 

f:id:mikachi_n:20191204145651j:plain

DELHI駅内

みんな電車待ちで寝てるよ〜〜。

 

まあ夜だからねえ・・・

すでに日本の感覚や常識というもので図ることはやめてる

 

自分が何時の電車に何処行きに乗るかは分かるのですが、どこのホームから乗るかはそれだけでは分かりません。

 

ちゃんとした駅の人に確認する必要があります。

 

東京駅や新宿駅で乗り換えに苦労する人は、練習しておきましょう。

 

f:id:mikachi_n:20191204145943j:plain

インド式駅の案内板

ヒンドゥー語は読めませんが、多少の数字と英語を頼りに向かいます。

 

f:id:mikachi_n:20191204150137j:plain

ホームへ行くまでの道

結構駅は広いです。

 

思っていた以上に治安は全然悪くなかったので安心しました。

 

基本的に人が多いところは、女性からすると安心して歩けますね。

 

f:id:mikachi_n:20191204150257j:plain

ホームから見える電車

インドの電車はすっごく長いです。

 

端から端が目視できないくらい長いです。

 

自分が乗る電車のプラットホームに着き、電車を待ちます。

 

プラットホームも人がいっぱい・・・。

 

f:id:mikachi_n:20191204150434j:plain

プラットホームで電車待ち

例にならって、荷物重いので私も座り込んで電車を待ちます。

 

ちなみに、どの行き先に向かうでもそうですがもしホームが違っていたら大変なので、ちゃんとしてそうなインド人に話しかけて何人かに確認します。

 

駅の係員の人を信用しないわけではなく、電車乗り過ごすと大変じゃないですか?

しかも夜だし。

 

なので、どこ行くにもここのホームは〇〇時発の〇〇行きの電車くるか?

しつこいくらい確認するようにしていました。

 

ちなみに今回の電車

 

DELHI(DLI)        8月28日 PM22:25発

      ↓

RAIWARA(RWL)8月29日    AM6:56着

 

こんな感じでした。

 

電車内で一夜過ごす形で、乗車時間は8時間弱くらい。

 

ちなみに今回は予約するときに席が空いていなかったため、なんと最高クラスの1Aでした。

 

料金は詳しくは忘れちゃったのですが大体1000ルピーくらい、日本円で1500円くらいですかねえ。

 

f:id:mikachi_n:20191204151403j:plain

1Aクラスの廊下

ひとり個室と聞いていたのですが、どうやら4人で一部屋の個室でした。

 

f:id:mikachi_n:20191204151459j:plain

1Aクラスの座席

 

2Aや3Aと同じようにエアコン付きで寝れる座席です。

 

一緒だったのは欧米系のこのお父さんと娘さんで親子でした。

 

このお父さんに

 

「HARIDWAR(ハリドワール)で降りるの?」

 

と聞かれましたが、おそらく同じリシケシ行きですが降りる駅が違ったようです。

ちなみに、帰りは私もハリドワールから電車に乗る予定です。

 

リシケシに行くには

 

・RAIWALA(ライワラ)駅

・HARIDWAR(ハリドワール)駅

 

どちらかの駅で降りて、そこからオートリキシャーで街中まで向かうという流れです。

 

ちなみにリシケシにより近いのはRAIWALA(ライワラ)駅の方です。

リシケシまで大体8キロくらい。

 

HARIDWAR(ハリドワール)駅はリシケシまで20キロくらい。

 

まあ、その時乗れる電車次第になると思います。

 

 

部屋が一緒だった娘が何かゴネるのを聞きながら、そのままコテッと眠りにつきました・・・。

 

早朝のRAIWALA駅に到着

 

かけていたアラームに起こされ、トイレに行くともう朝でした。

 

f:id:mikachi_n:20191204152600j:plain

電車からの眺め

 

見える風景は、自然と山と何もない土地が広がっている感じ・・

 

その後無事に駅に到着し、早朝だったのでリキシャーとかいるのかな・・と不安でしたが、数台だけいました。

 

しかも乗り合い。

 

丸顔で目がクリクリの人が良さそうなインド人運転手に着いて行き、Googleマップで行き先のホテルの場所を見せて見ます。

 

すると、どうやら近くまでは行くけど途中からは車が入れないからそこから少し歩いて行ってね!と言われます。

 

何かの情報でそのようなことは聞いていたので、値段交渉して乗り込みます。

 

確か200ルピー前後だった気がする・・そんな払ってないかも。

 

先にインド人男性が5、6人リキシャーに乗っていて窮屈そうだったのですが、前の座席に乗っていた2人を運転手が

「お前ら後ろに移動しろ」

とどかし(笑)

(ちょっと戸惑ってた)

 

私はその前の座席に広々と座らせていただきました。

 

後ろの座席は、5,6人の男性が結構狭そうに座っています。

(ちょっと申し訳ない)

 

インド人の男性は、基本女性に優しくて紳士的な人が多い印象です。

 

まあただ単に女性と話せたり、近くにいられるのが嬉しいんだと思いますが(笑)

 

そんなこんなで早朝の涼しい風を感じながら、リシケシへと向かいます。

 

今回泊まるゲストハウス近くまで降ろしてもらったけど・・・

 

約1時間弱ほどで降ろしてもらい、運転手のお兄さんに

 

「ここから歩いて橋を渡って、その先にあると思うよ」

 

と教えてもらいつつ、自分でGoogleマップ見ながらホテルに向かいます。

 

すると、リシケシといえば!!!の橋が見えてきました。

 

f:id:mikachi_n:20191204153923j:plain

 

奥に見えるお寺のような建物は、ヒンドゥー教寺院の

 

「Shri Trayanbakshwar Temple(シュリ トラヤンバクシュワール テンプル)」

 

このまま橋を渡ったところに、目的地があるようです。

 

f:id:mikachi_n:20191204154309j:plain

ラクシュマンジュラ地区

渡りきると、シヴァ神がお出迎え。

 

私が今回泊まる宿、

 

「Maa Gangar Guest House 」

www.tripadvisor.jp

 

こちらは渡った所を右に曲がってまっすぐ進んだところにありました。

 

この辺りは静かながら売店やカフェ、レストランなどもあってすごく過ごしやすかったです。

 

とりあえずゲストハウスでチェックインして、

 

ちょっと休んでから街散策に行こうかな〜なんて考えながらヨガをします。

 

f:id:mikachi_n:20191204160024j:plain

5日間滞在した部屋


ちなみにこの部屋、予定していた部屋より良いランクの部屋に変更しました。

 

予定していた部屋はシャワーやトイレが他の部屋の人たちと共用でしたが、この部屋はトイレもシャワーも全部個室。しかも、眺めも良くて日当たりも良かったです。

 

料金は一日につき400ルピーほど上がった値段でしたが、それでも日本円で1泊2000円もしないくらいだったので変えちゃいました。

 

5日間すごく快適でしたね〜〜!!

 

そんなこんなで無事リシケシに到着した1日でした。

 

インドの旅はまだまだ続く・・・

 

 

【読者になるボタン設置しました!ポチッとどうぞ☆】

 ↓